一輪の梅の香りや 酒の味

 私共『曽我の誉』は小田原名産である梅干の産地・曽我梅林にほど近く、気候温暖・風光明媚な地で行雲流水綿々と酒造りを行っております。 頭書の句は梅の花がほころびる二月も半ば過ぎた頃に、酒杯を傾けるのどかな風情を旅人がよんだものです。  梅の香りがただようこの時期に、新酒の出来上がりを迎え、「しぼりたて新酒」や「おり酒」を味わいながら、咲きほこった梅を観賞し一足早い春を堪能していただくことができるのです。

 石井醸造の創業は明治三年で、現社長(石井省吾)が五代目です。 代表銘柄『曽我の誉』はこの地が昔、「曽我村」と言ったことにちなんだものです。「曽我」という地名を聞けば、「富士の仇討ち」として名高い曽我兄弟を思い浮かべることでしょうが、近くの城前寺には兄弟のお墓が祀ってあり、毎年五月二十八日には曽我兄弟仇討ちゆかりの傘焼き祭りが盛大に行われています。『曽我の誉』にはそうした歴史的な思いも込められているのです。  











 
私共の酒造りの特色は、もろみを通 常の三回に分けて仕込む「三段仕込み」ではなく、四回に分ける「四段仕込み」にあります。  最後の四回目の仕込みを、通常の掛け米では用いない「もち米」を使うことにより、コクのある味がよく出るのです。  四段仕込みを持ち味とする私共の蔵の酒質は濃醇タイプが主流です。とりわけ『曽我の誉本醸造』を飲むと、蔵特有の濃醇な味わいを十分堪能できます。但し、酒蔵好適米をよく精白してあるため、味にくどさは全くございません。  もっとも私共では、濃醇タイプの酒ばかりを醸しているわけではありません。『曽我の誉吟醸』はむしろ淡麗な部類に入り、まろやかでかつ穏やかな味わいは、女性や初めて酒を飲む人たちにも大変好まれております。きれいな味をよく出す為に大吟醸並に米を磨いています。  また、従来大吟醸を造っておりませんでしたが、平成10年夏以降から、社長自ら醸した『曽我の誉大吟醸・しゃくなげの風』を発売いたしました。この酒は、もろみ日数に四十三日を費やし、社長の酒造りに対する情熱を凝縮した逸品です。  さらに長期熟成貯蔵した「純米古酒」を蔵出し、重厚でほどよい苦味と後味のよさを特徴とした『曽我の誉純米古酒』を新たに発売しました。
『曽我の誉』は糖類を一切使用せず、真心と誠意を込めた酒造りをモットーとして、日々精進しております。  これからも地元をはじめとして、全国の皆様に愛される清酒を造り続けて行きたいと考えております。  何卒お引立て賜りますよう宜しくお願い申し上げます。